So-net無料ブログ作成
検索選択

[ミハメモ]八名信夫@バス停 [スタア]

日時:週末夕方
場所:某幹線道路沿いのバス停

○○通りの渋滞を避けるため、その時地図で見つけた迂回ルートは、
自分の思ったとおりの道ではなく、結局元の道に戻ってきてしまった。

晩秋の夕日が、そんなちょっとした落胆を助長したように感じた。

走っている時間よりも、停まっている時間がだんだん長くなってくるにつれて、
運転自体に飽きてきてしまった。

ふと、歩道側に目を向けるとバス停に白髪の男性が立っていた。

 

普通にバスを待っている八名信夫さん。

あの風貌なのに、普通に街の景色に溶け込んでいてオーラは感じなかったのだが、
今思うと、彼に気づいたということは、振り向かせるだけのオーラがあったのだろう。

こんにちは八名信夫です

こんにちは八名信夫です

  • 作者: 八名 信夫
  • 出版社/メーカー: データハウス
  • 発売日: 1998/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
「キューサイ青汁」の大研究―創業者・長谷川常雄が実践する1億人の健康宣言

「キューサイ青汁」の大研究―創業者・長谷川常雄が実践する1億人の健康宣言

  • 作者: 鶴蒔 靖夫
  • 出版社/メーカー: IN通信社
  • 発売日: 1995/11
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

[ミハメモ]寺島進@日帰り温泉 [スタア]

日時:平日昼
場所:都内某日帰り温泉

夏休みの平日の日帰り温泉は、子供とじいさんであふれかえっていました。

その場の雰囲気にそぐわないメンツが何人かいたのですが、彼らは併設のスポーツジムの客だったのでしょう。
その中に、よりそぐわない男性が一人いました。どう見ても、あちらの職業の人だと思われる風貌が、周りに人を近づけないオーラを発していました。
しかし、私は気づいてしまったのです。

寺島進さん?


確信が持てなかった私は、なるべくさりげなく彼の行動を見守りました。
下手にこちらの動きを察知された上に、もし他人だったら(本当にあちらの職業の人だったら)、自分の身が危険だったからです。

彼は浴場のなかで終始落ち着きがなく、常に何らかの動きをしていました。

浴槽からあがった後、開脚ストレッチをして通路を塞いでいたり、サウナでは不思議な腹筋運動らしきことをしていらっしゃいました。
一番驚いたのは、シャワーブースで冷水を浴びながらスクワットを繰り返していたことです。

ストイックに体を鍛錬する姿に役者魂を感じ、彼が寺島進本人であることを確信したのです。

富豪刑事デラックス DVD-BOX

富豪刑事デラックス DVD-BOX

 
 
ドラマ見てたので)
TAKESHIS'

TAKESHIS'


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

[ミハメモ]竹中直人@下北沢 [スタア]

日時:休日夕方
場所:小田急線某駅前

自転車での会社帰り、下北沢に寄りました。

あるバーの横を通った瞬間に、窓際の色黒男と目が合い、衝撃が走りました。

目力だけで、動悸が止まらない。

ある確信を持ち、勇気を振り絞って、もう一度そのバーの前を通り過ぎることに。

また窓際の黒い影を見た瞬間、なにか衝撃を感じ、まともに目をあわせられない。

そのエリアに興味本位で近づいた自分を恥じ入らせるほどのあまりにもすごい存在感が、
はっきりと目視してはいないものの、99%竹中直人さんだと確信させる力がありました。


好きな映画のワンシーンから。ご本人以外はやばそうなので、ちょっと加工させていただきました。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

[ミハメモ]浅見千代子(キスおばちゃん)@小田急線某駅 [スタア]

 日時:休日夕方
場所:小田急線某駅前

普段降りない駅。
以前降り立ったときと比べると、駅前は様変わりしている。

目的地に向かうために、キョロキョロしていると、
小走りで改札に向かうキラキラした物体を見つけた。

その所作を凝視していたら、その物体も睨み返してきた。

 

目力(めぢから)に負けた。 

 
キスおばちゃん、腰振りおばちゃん、おばちゃん1号・・・どれでもよい。

キラキラしていたのは、彼女のパーマ髪にあしらわれた、ラメ(?)の輝きだった。

彼女の本名は、浅見千代子さん。
女優でもお笑いでもなく、エキストラとしての仕事らしいのだが。

所属(登録?)事務所のページも濃い。

 

OZAWA-KEN+ DVDケース版

OZAWA-KEN+ DVDケース版

  • 出版社/メーカー: トリスター
  • 発売日: 2004/06/25
  • メディア: ソフトウェア


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:お笑い

[ミハメモ」浅井愼平@下北沢 [スタア]

日時:休日昼間
場所:下北沢

シモキタ3連荘です。

パフェを求めて、下北沢をさまよっているときに、写真家の浅井愼平さんを見かけしました。


常に肩になんか羽織っている印象がある

いろいろ調べてみると、事務所が下北沢にあるようです。(ご自宅も?)

その日にわかったのは、最近のカフェでは、いわゆるてんこ盛りのパフェはメニューにないということ。

結局、あるカフェに落ち着いて、ケーキを食べた。
先週の下北サンデーズで、劇団の女子たちが同じ店でお茶してた。

通り過ぎた町

通り過ぎた町

浅井慎平フォトレッスン/人物篇

浅井慎平フォトレッスン/人物篇


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ミハメモ]柄本明@下北沢 [スタア]

日時:平日昼間
場所:下北沢

最近、個人的にシモキタブームです。
今週のTV Bros.も「下北沢」の特集だし。

ということで、連チャンの投稿です。

ちょうど昼時に、下北沢を歩いているとオープンカフェお茶をしている柄本明さんを見かけました。
楽しそうに、女性(奥様かしら?)とお話をされていました。

その風景が、下北沢の中で、よりシモキタ感を強調していました。
その空間は周りよりも、より深くシモキタに溶け込んでいたので、通りすがりの誰も気づかなかっただろうし、気づいても違和感がなかったでしょう。

柄本さん@下北沢は2回目です。

あ、なんで平日の昼間に下北沢にいたのかというと、会社をサボったからです。

みんなはコレを

みんなはコレを"公開まで"我慢できない ~The Making of 男はソレを我慢できない~

  • 出版社/メーカー: レントラックジャパン
  • 発売日: 2006/07/28
  • メディア: DVD
こちらはご出演されているわけではありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

[ミハメモ]上戸彩@下北沢 [スタア]

日時:週末夕方
場所:下北沢

興奮を抑えるために、淡々と記述することを自らに課します。

■経緯
・南口商店街を北上
・人ごみを避けるため、グルメシティ側から駅へアプローチ
・歩道橋の前に人だかりを発見
ドラマの撮影だとピンと来る
・スタッフが集まっているテントの中のモニターを確認
  (ここポイントです。「誰の」撮影かが重要だからです)

・そこにピンクのジャージを着た女性が映っていた

      「上戸彩だ!」

・スタッフが「車が来るからどいてください!」と周りの人に告げる

     「撮影が終わった本人が、車に乗るために歩道橋を降りてくるはず」

・本人が歩道橋から降りてくるのを待つ
・しばらくしても来ない
・(痺れを切らし)
    特に用事がないのに、通行できるようになっていた歩道橋の階段を上り始める

・本人とすれ違った

「おー」


下北サンデーズ

■印象
・細い
・顔がすげー小さい

ということで、撮影してたドラマはこれ

撮影場所はここ↓

 

下北サンデーズ

下北サンデーズ

下北サンデーズ (出演 上戸彩、佐々木蔵之介)

下北サンデーズ (出演 上戸彩、佐々木蔵之介)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

[ミハメモ]中村喜伸プロデューサー@地下鉄 [スタア]

日時:夕方
場所:某都内地下鉄駅

誰だかわからない人も多いと思いますが、
「ガキの使いやあらへんで!!」のプロデューサーです。
時々しか画面に出てきませんが。


すごく黒かった。

ぱっと見た瞬間では誰だかわからず、ガキの使いを毎週録画している弟に、
メールで確認してやっと名前がわかりました。

もちろん周りの誰も気づいていませんでしたけど。

彼ぐらいの認知度の人って、街中で声をかけられたりするのだろうか?



私、持ってます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

[ミハメモ]ますだおかだ@展示会 [スタア]

日時:午前中
場所:某都内ホール

実は、先日のふじいあきらさんとまったく同じ建物の中でした。
用件はまったく違うけど。

ある展示会で、番組のプロモーションをしていました。


これしか画像が見当たらない。
ネット上の写真は、ほとんどがこれを加工したもの。


「あ、ますだおかだだ~」って見に行ったのですが、
TVの印象と寸分たがわぬ感じだったので、感動がなかったというのが、正直なところ。

まあ、仕事中に彼らを見てるし、仕事中にblogを書いているのだが。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

[ミハメモ]高田延彦@駐車場   [スタア]

日時:平日の夕方
場所:某都内駐車場

ある駐車場を経由して、自分のオフィスに戻ろうとしていました。
その駐車場に、白いごつい車が停まっていました。
そして、そこから白い服を着たごつい男が。

 

2度目の遭遇の高田延彦さんでした。

携帯で手下になにか指示をしていました。

10.11

10.11

  • 作者: 高田 延彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/12/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。